フォトウェディングでハッピーな一枚を|多様化する挙式の魅力

教会

気持ちを込めて選ぶ

レディたち

昔は連絡手段として一般的に電報が利用されていましたが、最近ではメールなどによって気軽に相手に連絡ができるようになったためあまり電報を利用する機会は少なくなりました。しかし、結婚式などのフォーマルな場ではメールでは失礼に当たるため、電報が広く活躍しています。電報は相手にメッセージを届けるための手段ですが、ただ文章を送るだけではなく、どういった紙を使用して送るのか、電報と一緒に何を送るのかを工夫することでより結婚式で相手に気持ちを伝えることが可能です。ゲストから素敵な電報が届くと非常に嬉しいものです。特に結婚式などの祝いの席では相手のことを大切に思っているという気持ちやお祝いの心を乗せて色々なデザインの電報が利用されています。よく電報に用いられるものがバルーンですが、色やデザインが豊富なものが多く、場を華やかにすることが可能です。バルーンの数や大きさ、デザインの複雑さによって費用も大きく変わりますが、値段の高いものはその分見栄えのするものが多いので相手を喜ばせることができます。ガスが入っていて浮かぶタイプの他にも、ガスは入れずに机に飾れるタイプのものもあります。小さなタイプのものは会場ではあまり大きく目立ちませんが、空気が抜けにくく長持ちするという点が特徴です。バルーンタイプの他にも結婚式ではぬいぐるみと一緒に電報を送ることがあります。ぬいぐるみタイプのものは見た目にかわいいので新婦さんに喜ばれますし、バルーンのように時間が経つと萎むということもないので結婚式が終わった後にも家に飾って楽しむことが可能です。ぬいぐるみの他にも花と一緒に送られることもあります。その際には生花を使うことが一般的でしたが、最近ではプリザーブドフラワーといって半永久的に長持ちする花を使われることも多くなりました。ぬいぐるみやプリザーブドフラワーでは長く家に飾れるというメリットがありますが、あまり多くの人からもらうとかさばってしまうので、生花やバルーンの方が喜ばれることもあります。

Copyright © 2017 フォトウェディングでハッピーな一枚を|多様化する挙式の魅力 All Rights Reserved.