フォトウェディングでハッピーな一枚を|多様化する挙式の魅力

教会

祝電の最新情報

結婚式

バラエティ豊か

最近はメールやネットの普及などで需要が減っている電報ですが、結婚式に招待されたけれど出席できない場合や、招待されてなくてもお祝いしたい場合にはまだまだ大活躍します。十数年前の規制緩和により多くの業者が参入し、バラエティ豊かなものになりました。結婚式に花を添えられるバルーンやぬいぐるみ、インテリアになるガラスの靴やフォトフレーム、人形などちょっとしたギフトを添えて贈るのが定番のスタイルとなっており、贈る側のセンスが問われます。電報は披露宴で読まれることが多いので、ウケを狙って無茶ぶり風や辞令風、納品書風などユニークな文面で贈るのも楽しいですね。結婚式の電報と一口に言っても、そのバリエーションは無限大です。

選択肢は広くなった

ネット通販の普及により今や多くの電報専門店があります。これらの取り扱いギフトを眺めているだけでも楽しいもので、実際に結婚式に贈るとなると、どれにしたらいいか迷ってしまいます。ただバラエティ豊かになった分、贈る際の注意点も色々あります。例えばバルーンやぬいぐるみなど受付に置かれるような品の場合、前日に式場に届くようにしたいものですが、式の前日が休日だったりすると受け取る人がいません。そのためこのような品を贈る場合には、事前に式場のスタッフに確認しておくと良いですね。こうすることで、間違いなく受け取ってもらえるというメリットもあります。また相手の好みを無視したギフトも考え物です。自分が贈りたいものではなく、新郎新婦に喜んでもらえるギフトを選ぶようにしましょう。

Copyright © 2017 フォトウェディングでハッピーな一枚を|多様化する挙式の魅力 All Rights Reserved.